空家対策推進

 

空き家の社会的深刻な問題について

空き家の社会的深刻な問題について
 
日本の空き家状況
平成25年度の国土交通省の国税調査をもとに、総務省が調査結果を発表。
日本の総住宅数6,063万戸数、空き家数820万戸、空家率13.5%
7、8件に1件は空き家の状況で過去最高の数字、さらに把握しきれていない
空き家も相当数あると予想されます。
そして、少子高齢化の社会環境により、人口の4人に1人が65歳以上の時代。
空き家は、今後も増え続けていくと考えられます。
 
空き家対策特別措置法
(平成27年2月26日施行、同年5月26日から完全施行)
この法律により、適切な管理が行われていない空家等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることに鑑み、地域住民の生命、身体又は財産を保護するとともに、その生活環境の保全を図り、あわせて空家等の活用を促進するために、市町村による空き家等対策計画による施策を推進し、もって公共の福祉の増進と地域の振興に寄与することが目的とする。
 
特定空き家の認定による所有者リスク
この法律によって、空き家の所在、占有者、所有者の実態把握ができるようになり、市町村から立ち入り調査、所有者への是正勧告が可能になりました。
調査結果により「特定空き家等」に認定された場合、市町村から改善の「助言、指導」
改善がなければ「勧告」、勧告でも改善がされない場合「命令」、最終的には「行政代執行」
行政により解体、撤去され、その費用を請求されます。
そして、「勧告」に進んでしまうと、固定資産税の住宅特例措置から除外され、「固定資産税が最大4.2倍」になります。
 
空き家による事故、事件による所有者リスク
老朽化した空き家による最大の懸念は、事故、事件などで起こりうる人災、損害、被害です。
■想定される事項
・屋根、外壁の倒壊による、負傷、死亡事故
・家屋の倒壊による、隣接家屋への損害
・火災及び放火による、近隣全体家屋への損害
・家屋への不法滞在、犯罪現場、
・悪臭、シロアリ、ネズミ等による被害
・近隣住民の生活環境を損なう景観問題
空き家の放置は、日本国憲法、第13条「生命」「幸福追求権」、第25条「生存権」、第29条「財産」の公共の福祉に反する行為と思われます。
そして、所有者及び占有者には、民法第717条(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)による損害賠償問題になります。
西武ハウス工業株式会社
〒670-0949
兵庫県姫路市三左衛門堀東の町93番地 北条アルシュビル2階
TEL:079-284-3111
FAX:079-284-3118
------------------------------
新築工事、増改築工事、リフォーム、
屋根、塗装、外壁、キッチン、
バスルーム、バリアフリー
------------------------------
■一般建設業/
国土交通大臣許可 
(般-27) 第25947号
------------------------------
006633
<<西武ハウス工業株式会社>> 〒670-0949 兵庫県姫路市三左衛門堀東の町93番地
北条アルシュビル2階 TEL:079-284-3111 FAX:079-284-3118